始業式校長挨拶(要旨)
                                                    平成29年9月1日

前ぶりとして3年生の夏休みについて    

   高校最後の夏休み
  ・上級学校見学  職場訪問  インターンシップなど
  ・自分の肌で感じることの重要性
  ・自分の未来は自分で決める覚悟

1 7月実施の保護者面談時の保護者からの声を紹介
  とても印象に残ったメッセージ
  ・学校の魔法にかかって最近はヤル気スイッチが入った様子で感謝している。
  ・今の愛国の雰囲気が本人に合っているので,ぜひ上級学校に進学させたい。
  ・もともと目立つことが得意でなかったが,愛国学園でいろいろな役割を任せてもらえて成長した。
   ・愛国に入学させてよかった。楽しそうに登校できていて親としてうれしい。

「学校の魔法」の言葉は、学校経営のキーワードである

要望・質問について
  12月の保護者面談の時に文書で回答する予定 

   ◎生徒からの要望について
 ① 電子レンジの設置は、実施済み。 
 ② 委員会・部活動の活性化は、第一歩として弓道部を来週復活させる。

 どんな要望や質問に対しても無視することなく検討し、丁寧に説明する。

 改善できるものはできるだけ早く実施する。

2 2学期の目標について

  学校行事(記念祭・合唱祭・なでしこ祭等)が目白押しの2学期

・「自ら動く」 = 「自主」の気持ちを持って行動する

・自分の役割・立場を理解すること・自覚することが重要

  ・「自分のやるべきことを知り、やるべきことをやる」である。

  クラスにおいて、グループにおいて、それぞれの立場において

  ・自主的に動く=「自主」は自分が主人公でもある。

 愛龍高の皆さんの2学期の目標は

  自分のやるべきことを知り、やるべきことをやるために、自ら動き、自分を主人公にして、自分を活かす。

 「自分を活かす」 =これが校長の示す2学期の目標  

「自ら動く」「自主」「やるべきことを知り、やるべきことをやる」「自分を活かす」の4つのカードボードを使用