夏期休業中登校日 校長挨拶(要旨)                              平成29年8月22日 

1 終業式挨拶での宿題について
   校長宿題:JMK=自分(J)の未来(M)を考えよう(K)」
     そして,友達や家族,身近な人に
      「未来の自分」=「なりたい自分」について伝えよう

   質問①
      校長からの夏休みの宿題を覚えている人:数名の手が挙がる
     質問②
      校長から宿題を実行した人:同じく数名の手が挙がる
   質問③
     昇降口に設置したホワイトボードに気づいた人:多くの手が挙がる

校長からのメッセージに気づいて回答してくれた人は現時点で24名
     ・メッセージボードに気づいた観察力
     ・メッセージに自ら回答した積極的な意思力
     ・生徒たちの可能性を実感

   ◎まだ校長からの宿題を実行していない人へ
    自分と真剣に向き合ってJMKを実行する
     (1)  卒業時の私20歳の私 を想像する
     (2)  未来をソウゾウする。未来を想像する未来を創造する
     (3)  自分の未来を創り出すエネルギー=力を出す時が「今」である。
    未来を創造・創造する必要条件
     ・自分を知ること(興味関心、特性、特技など)
     ・現状を知ること(今ある力・能力、自分の置かれている環境など)
     ・未来の動向(予測する力、身につけたい力など)

2 校長自身も自ら課した宿題
     「学校の未来を創造する」=「2年後、3年後そして5年後の未来像の明確化」
     上記の必要条件を学校に当てはめて描いた私の未来像を先生と検討
     生徒・保護者の意見を聞きながら未来像を完成させる。
     その未来図に魂を入れる=校長の最大の責任    

   校長自身の宿題=GMS
     GMS=学校(G)の未来(M)を創造する(S
      そして,いろいろな人に
      「未来の愛龍高」について伝えていく

     3 「生活自戒」を毎朝復唱(9月1日から)
      生活自戒6項目を朝礼時に元気に復唱する理由
           生活心得として自分の心に言い聞かせるこ
           相手(周りの生徒・先生)に生活心得の実行を宣言すること